mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

しっぺ返し

オリックスバファローズ瀬戸山隆三球団本部長が

東北楽天ゴールデンイーグルスに追い抜かれ、

最下位に転落した状況を憂い、今のチームは

智弁学園より弱いと発言したことが、

暴言と批判されているという。

確かに責任ある立場の人間が大人気ないとか、

智弁学園に失礼だとか言われればそうかも知れないが、

彼の発言はオリックスバファローズというチームに対する

暴言との批判は当たらないと思う。

𠮟咤は激励という言葉を忘れないで欲しいし、

小松聖以来の新人王と期待された、吉田正尚、

近藤大亮の両投手が相次いで離脱したり、

外国人選手やFAで獲得した小谷野英一や、正捕手の

伊藤光らが思うような成績を残せていないという不運も

あるのだ。

エースの金子千尋も離脱するようでは、流石に瀬戸山でも

手の打ちようがないだろうし、オコエ瑠偉、茂木英五郎ら、

東北楽天ゴールデンイーグルスの新人選手の活躍振りを、

ファンとしては正直羨ましく思う。

さて、冒頭の発言は、何処か、平成元年の近鉄バファローズと

読売ジャイアンツ日本シリーズの際の当時近鉄の投手だった

加藤哲郎の有名な巨人はロッテより弱いという迷言を思わせる。

この発言に発奮した読売ジャイアンツの選手が近鉄バファローズに

倍返しを成し遂げた結末は書くまでもないが、

オリックスバファローズがこの近鉄バファローズの後進球団であることや、

発言の主の瀬戸山がかつて千葉ロッテマリーンズに在籍していたことを

考えると、バファローズポンタの敗戦時の落ち込み方や、

瀬戸山に冒頭のような発言をさせる結果になった今の

チームの状況は、加藤哲郎の発言のしっぺ返しに思えてならない。

加藤の発言の矛先だった読売ジャイアンツとの交流戦

連敗するようでは、ファンから本物のしっぺを喰らうぞと

チームの奮起を促したい。

さて、オリックスバファローズの次の交流戦の相手は、

阪神タイガースである。

大阪近鉄バファローズオリックスブルーウェーブ時代から

意識していた同じ関西のチームなのだし、

加藤哲郎の発言当時読売ジャイアンツに在籍していた、

香田勲男阪神タイガースの投手コーチとして、

阪神甲子園球場の1塁側のベンチから睨みを利かせて

いることも意に介さず、正々堂々と、関西の盟主を

賭けた戦いを演じてもらいたい。