mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

四股名

伊勢志摩サミットをきっかけに、舞台となった

三重県を走る近鉄JR東海鳥羽水族館伊勢神宮

ミキモト真珠島などの地元の観光関係者は、

観光客の招致に熱心だという。

そんな三重県志摩半島から取った四股名

志摩ノ海という力士がいるという。

三重県は愛知県のお隣であるし、その愛知県では

大相撲名古屋場所も開催されるから、

志摩ノ海関には親しみを感じる。

三重県と言えば、今年は不振に喘いでいるが、

オリックスバファローズの主戦投手、

西勇輝の故郷でもある。

彼が少年時代を過ごした近鉄湯の山線沿線の

片岡温泉がアクアイグニスに変貌したのには目を見張るばかりだが。

そんな西勇輝投手と同じ「輝」の字を四股名に持つのが、

「輝」と書いて「かがやき」と読む輝関だ。

北陸新幹線で、東海道新幹線ののぞみ、東北新幹線

北海道新幹線はやぶさに該当する最速達列車に

あやかった四股名だと説明する親方に、

親心のようなものを感じたが、北陸新幹線を走る

他の列車名も漢字で書けば四股名としては悪くないと思う。

具体的にははくたか、つるぎ、あさまだが、

はくたかを白鷹と書けば、横綱白鵬の「白」、

福岡ソフトバンクホークスの「鷹」と、

角界プロ野球界の王者にあやかれそうではないか。

他の2つの名前も悪くない。

つるぎを漢字で剣と書くと、個人的には

横山剣を思い出してしまうが、剣という字も

男らしくて悪くないと思う。

伝統ある列車名なのに、北陸新幹線の延伸で影が薄くなった、

あさま、漢字で書くと浅間も、雄大な浅間山からの

ネーミングであり、頂点を目指す力士の四股名

これもふさわしいのではないか。

北陸新幹線敦賀駅までの延伸の前に、

はくたか、つるぎ、あさまという四股名の力士が

登場したら面白いだろう。

特につるぎは富山県のイメージが強く、加賀温泉駅

福井駅方面に延長されたら石川県、福井県の意向で

愛称が変わりそうだから、四股名として残って

くれたら本望である。

現在の北陸本線を走るダイナスターでは、

四股名というよりプロレスラーか、プロ野球

新外国人かと言われそうだが。