mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

大人ならばツケを払え

愚息の覚せい剤事案での逮捕にことばを見つからないと言って芸能活動の 自粛を発表した俳優の橋爪功。 二世タレントのスキャンダルが昨年から報じられる中で自粛も やむなしと思うけれど、昨年の高畑淳子の時と同じく芸能活動を 自粛したはずの橋爪功の出演…

頭でっかちはダメ

海の向こうのアメリカで、名門大学のハーバード大学がSNS上での ヘイトスピーチと取れる言動や卑猥な画像のやり取りを理由に 新入生の入学を取り消したといいます。 我が国とアメリカではイデオロギーも教育環境も違うけれど、 我が国の一流企業や名門大学で…

高台が全てではない

先日行われた愛知県半田市の市長選挙。 かつてはオール与党のようで出来レースのような選挙戦や 無投票当選も珍しくなかったのに、市民病院の移転問題を巡って、 自民党や民進党と自民党出身の大村秀章愛知県知事の推す候補と この愛知県を地盤とする地域政…

二世タレント

昨年芸能ニュースを何かと騒がせた二世タレントの淫行騒動や金銭トラブル。 こんなネガティヴな話題はもう結構と思っていたら、また橋爪功の愚息が 薬物事案で逮捕されて何とも情け無い思いがします。 せっかく出演中のドラマが軌道に乗ってきて映画も公開さ…

チャリティーのあり方

昨年、視覚障害者が駅のホームから転落する悲しい事案が相次いで報じられ、 今まで以上に盲導犬の存在がクローズアップされています。 でも、盲導犬の育成や盲導犬をパートナーとして生活する視覚障害者への 支援は公からの支援や寄付に依存しているところが…

巨人軍よ強くあれ

セリーグとの交流戦を前に息を吹き返し、どん底から光明の射してきた 感のあるパリーグのオリックスバファローズ。 このオリックスバファローズに本拠地の東京ドームでまさかの連敗を喫して、 セリーグ制覇どころかクライマックスシリーズ進出も危ういのでは…

万博公園

万博公園というと、首都圏の方はつくば科学万博が開かれた茨城県つくば市、 関西の方は大阪万博のシンボルだった岡本太郎の太陽の塔がそびえる 旧エキスポランドを思い浮かべることと思います。 でも、我が国で開催された万博、正式には万国博覧会はそればか…

白黒付かぬ世界

新潟県の市立病院で筆者と同年代の女性医師が労働基準法で定められた 以上の過剰な残業のためにうつ病を発症して過労死とされた事案を聞いて、 またかと眉をしかめたくなったけれど、自分が身を置く芸能界とその周りの スタッフを例にブラック企業が害悪のよ…

トップアイドル

最後までギスギスした人間関係で解散に追い込まれ、現在でも元 メンバーが些細なことで週刊誌のネタになるなど解散の後遺症に 苦しむSMAP。 このSMAPと同じジャニーズ事務所所属で、トップアイドルとしてのキャリアも 引けを取らないのがTOKIOですが、SMAPと…

交流戦

毎年プロ野球ファンが楽しみに待つ、セリーグとパリーグの交流戦。 人気の読売ジャイアンツや阪神タイガースとの交流戦が組まれるパリーグの 球団や、セリーグ、パリーグ問わずプロ野球のファンからの評判は悪くないのに セリーグ側が消極的なことは残念であ…

物忌といじめの元

ドラえもんのひみつ道具を悪用してしずかちゃんが入浴中の風呂場に 忍び込み、鉢合わせしたしずかちゃんに、アダムとイブでわかるように 我々人間はもともと裸であった、それに世界の美術館を見れば裸婦像や 裸婦の彫刻が所狭しと並んでいて裸は美の象徴とも…

人魚姫とボーダレス

絵本や映画でお馴染みの人魚姫。 小さい頃から魚のような下半身に人間の女性のような上半身をもった この想像上の生物のイラストに慣れ親しんできたけれど、アメリカで 男性の人魚姫の絵文字を新たにスマホで使えるようにする動きがあると 聞いて、我が国で…

お薬のお話

自身のブログで入院していた病院から退院して自宅に戻って 療養生活に入ると発表した小林麻央さん。 でも、家族が介護ベットを用意してくれて点滴の練習も、、、などという 記述や、芸能活動をしていた当時とは変わり果ててしまったいまの姿を 見るとめでた…

スターの末路

新興宗教に出家宣言してから動向が注目されていた清水富美加さん。 そんな彼女が久しぶりにテレビカメラの前に姿を現して話題を呼んだけれど、 出家騒動の当時とほとんど変わらない主義主張を展開していたインタビューの 内容はともかく、信仰上本意ではなか…

政治家だって人間だ

重要法案目白押しの中相次ぐ安倍晋三首相周辺のスキャンダルで紛糾する 国会審議。 野党は政権与党を批判するのが仕事といってしまえばそれだけだけれど、 今の民進党は正直いって度が過ぎているというか、週刊文春の真似事をして どうでもいい瑣末なことで…

付いて回るブランド

現役名古屋大学生の凶行、振り込め詐欺の実行犯は東大出身、 元AKB48のメンバーがアダルトビデオに出た、、、 こういった清廉潔白なイメージのある人間が人の道から外れたようなことを するとメディアが食いついてきて、最高学府まで出して貰って 何をやって…

下手すりゃ死ぬよ

本来子どもたちにとって安全であるべき通学路を小学生を煽りつつ猛スピードで 走り抜ける動画をアップした男が殺人未遂の疑いで逮捕されて、何とも やりきれない思いがします。 通学路を子どもたちが横に拡がって闊歩しているのが邪魔だったなどと 犯人は言…

ハイジョ

香川県内で暴力団の墓建設反対という野立て看板を見た旅行ライターが、 暴力団の組員だって死ねば墓が要るのに墓を作るなでは村八分の 一種であるし、暴力団だからといってむやみやたらに排除すべきでは ないとかつて述べていました。 筆者も同じ考えであっ…

ガンバリズム

汗と筋肉は時代に合わないから看板商品のリポビタンDのCMのコンセプトを 変えた。 リポビタンDでおなじみの大正製薬の幹部のことばに筆者は体育会系と 呼ばれる職場で倒れそうになりながらリポビタンDを手に終バスを 待っていた会社員時代を思い出し、ケイン…

猛牛の岐路

ゴールデンウィークまでの快進撃が嘘のように、低空飛行を続ける パリーグのオリックスバファローズ。 このままでは阪急ブレーブス時代からの月間最多敗戦記録を更新して しまうとか、それどこか月間最多敗戦のプロ野球記録だなどと言われて ファンとしては…

昼ドラ

かつてはテレビ朝日の土曜ワイド劇場、日本テレビの火曜サスペンス劇場など 各局が競うように制作していた2時間サスペンスドラマ。 でもこれらの番組も相次いで打ち切りになって、2時間ドラマの帝王と 言われた船越英一郎や彼との共演の多い山村紅葉がバラエ…

正確第一

以前薬物事案で大物歌手が逮捕されたとき、もはやパパラッチとしか 言いようのない芸能マスコミが彼を追い回し、彼の自宅の前は 芸能リポーターとカメラがおびただしいほど渦巻いていました。 これならば以前も見られた光景であるし、梨元勝が健在の頃はテレ…

ドラえもんは病者の隣に

藤子・F・不二雄の不朽の名作、ドラえもん。 このドラえもんの中で、風邪をこじらせて友人と海水浴に行けなくなって しまったのび太君が、ドラえもんがしずかちゃんに預けたライブカメラの 画像を自宅のゴーグルを通して眺めて、あたかも一緒に海水浴を楽し…

ギスギス

なぜ女性専用車両や禁煙車はあるのに、電車は禁酒車両がないのですかと 鉄道会社の担当者に尋ねたあるライター。 もっともな疑問といえばその通りだけれど、タバコも酒もご法度では ストイックすぎるし、健康増進法の趣旨は理解できるものの、 ガマンを強い…

移住の現実

和歌山県の景勝地、那智の滝。 絵はがきのデザインになるほど有名な観光地であるけれど、縦に長い 紀伊半島のこと、名古屋市から日帰りで訪れることは難しいだろうと 思ったら、那智の滝を日帰りで訪れるバスツアーの広告を見かけて 改めて熊野古道の入り口…

言葉じり

有名人、一般人にかかわらず、後ろ指を指されることをしでかした人間が 書き残した紙の日記や卒業文集、SNSがあたかも事件の背景を探るキーのように 語られることがあります。 これがフィクションの刑事ドラマならば目くじらを立てる必要もないの だけれど、…

ブランドという十字架

大関時代からほとんど休場のなかった大相撲の横綱稀勢の里関。 先場所での名誉の傷が癒えぬまま今場所に強行出場して大丈夫だろうかと 思ったら不安が的中するように金星を相次いで献上するごとく精彩を欠いた 取り組みが続いて結局途中休場の憂き目に遭いま…

医者のお墨付き

諸外国に比べて、どうも我々日本人は医者や弁護士など知識人や エリート層、あるいは立場のある人間のことばに弱いところがあって、 弁護士や警察官を騙って金銭を要求する振り込め詐欺が我が国では しばしニュースになるのに諸外国ではこうした事例は皆無と…

傷つける権利

我が国での半世紀振りの東京オリンピックが迫る中で、海の向こうの イギリスでまたしてもイスラム過激派による凄惨なテロが起きて、 何ともいたたまれない思いがします。 このイスラム過激派はアラーの神だ十字軍への反抗だといって今回のような テロやアフ…

新幹線口は都市の玄関

福岡県の県都というだけでなく、九州地方の玄関口と言えるJR西日本 山陽新幹線の博多駅と同じ博多駅を発着する福岡市営地下鉄空港線の コンコースを結ぶエスカレーターが途中で途切れていて階段に乗り継がねば ならないのはいかがなものかと地元でちょっとし…

百年の計

千葉県の東京ディズニーリゾート、大阪府のUSJに匹敵する集客力を持った テーマパークになると言われて今春名古屋市にオープンしたレゴランド。 筆者も地元ということで、アメリカの政権交代でトヨタ自動車に依存する 愛知県の経済が不透明さを増す中でこの…

大家族のリアル

先日、芸能界を離れているメンバーを含めて元出演者が再開したことで 話題を呼んだTBSテレビの大家族ドラマ、天までとどけ。 筆者も久しぶりにこのドラマの話題を聞いて、一人っ子の自分と 十数人もきょうだいのいるドラマの世界との違いに子どもながらに 考…

取れるところから取れ

がん患者を侮辱するような自民党の代議士の失言が物議を醸していますが、 聖域のごとく喫煙のできる飲食店を残そう残そうという腐りきった派閥政治 そのものの自民党の悪癖からの問題発言だったようで、これでは 東京オリンピックを大手を振って迎えられぬと…

病気でよかった

東日本大震災が我が国の経済の中心地の首都圏ではなくて過疎地域の 東北で起こってよかったと、被災者に失礼極まりない発言を行った 自民党の代議士が非難轟々の憂き目に遭ったのは記憶に新しいところです。 でも、被災者の方々はこの代議士への批判一辺倒で…

外資が悪ではない

東芝日曜劇場、サザエさんなど高い視聴率を誇る番組のスポンサーを 長年続けてきた我が国の家電大手の東芝が、テレビの広告戦略どころか 決算発表ができないとか東京証券取引所への上場が廃止になるのではという 瀬戸際に立たされています。 この東芝の半導…

弱いから死ぬのではない

昨年の電通の女性社員の自死に端を発した、ブラック企業と働き方改革の 問題を学生新聞で取り上げた東京大学の学生が、級友に弱い人間だから 犠牲になるのであって決してブラック企業が一義的に悪い訳ではないと言われて 疑問を持って東京大学の先輩はなぜ非…

住む者の視点を

世界遺産登録、東海北陸自動車道の開通と21世紀に入って観光の面で 追い風続きに見える岐阜県白川村の白川郷。 世界遺産景気に沸く地元の住民もさぞかし喜んで潤いを甘受しているかと 思ったら、東海北陸自動車道の開通で急増したマイカーと観光客に対応でき…

悲しい必要悪

国有地の不正売却疑惑や、安倍晋三首相夫妻との不適切な関係が問題となった 余波で予定していた小学校の開校の断念を余儀なくされた大阪府の あの学校法人。 前理事長の奔放すぎる言動は笑い飛ばせばいいけれど、教育勅語云々という 前時代的な教育内容や洗…

追うものの品格

テレビのバラエティー番組でもお馴染みの高須クリニックの院長が、 民進党議員の国会論戦での発言で、自社のCMの名文句を引用して 悪徳整形外科医が云々と視聴者が聞けばそれとわかる形で根も葉もない ネガティヴキャンペーンのような言動をされたことは明ら…

みんなで持てば重くない

ゆとり教育に懐疑的な視線が注がれ、大学入試センター試験も姿を変えようと する中、小中学生の通学カバンが10キロを超えるケースも珍しくなくなったと 聞いてゆとり教育への批判が今ほどでもなかった筆者の学生時代との あまりの変容に目を見張ってしまいま…

低迷の深層

東北楽天ゴールデンイーグルスの予想外の快進撃や、昨年の日本シリーズの 覇者、北海道日本ハムファイターズの出遅れなど、パリーグを中心に事前の 下馬評を覆す混戦が展開されている今年のプロ野球。 多くの評論家が指摘するように、春先のWBCの影響で侍ジ…

闇を行く鈍行

まだ九州新幹線ができていなかったJR九州発足間もない頃、福岡県内の とある駅で乗り鉄のカリスマの種村直樹が西鹿児島駅、いまの鹿児島中央駅 行きの鈍行列車を見かけて、当時はまだ在来線の特急列車であった つばめ号ならば当たり前に見える西鹿児島行きと…

晒し者論

同時進行で本妻と愛人が自分の子どもを妊娠するなど、メジャーリーグの 田中将大投手が登場曲に使ったり、グループで紅白歌合戦に出場した輝かしい 過去が霞んでしまうほどのドロドロの不倫劇で世間の女性を敵に回した 歌手のファンキー加藤。 同性の筆者も…

不可解

公立の図書館に所蔵されている学校の記念誌などの子どもたちの集合写真や 先生の名前が載った部分が切り取られる事案が相次ぎ、被害が 17県に及んでいるということに薄気味悪さを感じている人も少なくないと 思います。 特に筆者の場合、地元の愛知県や隣県…

オオカミと言われぬために

突如として発表された、松田聖子、神田正輝元夫妻の愛娘の結婚話。 両親が離婚暦があろうが、結婚話がめでたいことには変わりがないと 思うけれど、母親の松田聖子は愛娘の結婚を喜んでいる、いやいや 猛反対していると週刊誌によって正反対の内容の記事が出…

ブラックリスト

先日、厚生労働省から労働基準法違反で書類送検された企業の一覧が 開示されました。 ブラック企業の一覧だからほんとうのブラックリストだねなどと笑える性質の ものではないことは言うまでもないし、なぜ前途ある若者が多くの犠牲を 強いられてからでない…

マヨラー

フジテレビの番組の企画で、女装した元SMAPの香取慎吾がおっはーの 合言葉とともに軽快に歌う楽曲が流行った頃から食べ物に やたらめったらマヨネーズをかけまくる嗜好を現すマヨラーということばが 市民権を得たように思います。 この香取慎吾の楽曲のヒッ…

ゲスの二枚舌

フジテレビの松本人志司会の番組に出演し、不本意な形で流行語大賞に 選ばれるぐらいならバンド名をゲスの極みなどとするんじゃなかったなどと 反省の弁を述べた川谷絵音。 あれだけバッシングを浴びて懲りなきゃゲスどころか本当のバカだと思ったし、 週刊…

名古屋発最終列車

もはやユーザーの数が紙媒体の時刻表を凌駕するようになった経路検索サービス。 経路検索は手軽だけれど味がないという乗り鉄のタレントの論調も 否定する気はないけれど、便利であるのは事実だし、乗り鉄以外には 数字の羅列でしかない時刻表は見るのも敵わ…

プロ野球のミカタ

オリックスバファローズのある選手が簡単に三振を喫した様子を打つ気なしと 表現したプロ野球の速報サイトのことばを悲報と評したあるプロ野球ファンの ブログの一節に筆者は思わず苦笑するとともに、どこか引っかかる ところがありました。 というのもいく…