読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

共感の大切さ

見ているだけで恥ずかしくなるような大股開きを披露したグラビアアイドルに

男の自分でもこんな角度から写真を撮られたら恥ずかしく思うといった

お笑い芸人がいました。

我が国は恥の文化と言われて、諸外国よりも恥ずかしがりでシャイな

人間が多いというけれど、自分が撮られる立場ならば恥ずかしく

感じるというのは正常な感覚だと思うし、相手の立場に立つというのは

国や風土を問わず大切な着想と思うのです。

今日も女子高生の下半身が見たいといって性欲のままに凶行に及んだ

日本大学の現役学生のニュースが報じられたけれど、この学生にしても

見ず知らずの男に自分の見られたくないところを見られた上に

辱めを受けたら女子高生がどんな気持ちをするだろうという観点が

あったらこんなひどいことはしなかっただろうし、よく言われる

責任能力の有無以上に被害者の感情が理解できるかが強行犯を裁く上では

大事と思うのです。

こうした性犯罪や殺人、強盗などの凶悪犯罪をセンセーショナルに報じる

マスコミだけれど、日本テレビのある報道特番に筆者は引っかかる部分が

ありました。

この番組では盗撮や架空請求などの社会問題化する犯罪を一網打尽に

するといって、捜査の権限や資格のない記者がおとり捜査のような手法で

犯罪組織と対峙するという趣旨のものであって、刑事でも探偵でもない

人間がここまで警察ごっこをしていいのかと疑問に思うところがあったし、

中でも問題と思ったのが、女風呂を盗撮して画像を転売する組織の実態を

暴く「捜査」の過程で、盗撮された画像に出てきた女性とよく似た風貌の

温浴施設の利用客に問題の画像を見せながら貴方盗撮されていないですかと

記者が声をかけていたことです。

盗撮は被害者が気づかないケースも多く、申告罪ということばもあって

組織の実態解明や盗撮事案の事件化には被害者の訴えが必要という

理屈はわかるけれど、番組を放送した日本テレビは刑事でも探偵でも

ない無資格の記者にあられもない姿を勝手に撮られていたことを

唐突に指摘される被害者の気持ちをほんとうに理解していたのだろうかと

思うし、被害者の感情に配慮すれば証拠となりうる盗撮画像を

警察に提出して被害者との接触は警察に委ねるべきであったと思うのです。

大阪府の学校法人の理事長の奔放極まりない発言を面白おかしく皮肉る

中日新聞社のお偉いさんにも貴方のヘイトスピーチの被害者となった

沖縄県の在日米国基地の反対運動の住民の心の傷は一生消えないと思うし、

あの理事長と比べものにならない言動を行った貴方に物事を伝える資格は

なく、1日も早く画面と紙面から消えるべきと言いたいところですが

いかがでしょうね。

厳しいように思うかもしれないけれど、共感性のない人間に市井の人々の

生の声や喜怒哀楽を伝える資格はないのですからね。

ほんとうの地域創生とは

地域創生の一環として各地の自治体が発行しているプレミアム商品券。

このプレミアム商品券が消費の喚起に直結しない医療費や光熱費の支払い、

食料品の買い物に使われていると聞いて、同様の趣旨でスタートしたものの

換金性の高い家電製品や商品券などが返礼品にされたり、伊勢エビや

アワビなどの豪華な食材を財政難に悩む自治体が競うように返礼品にしたり、

こうした返礼品につられた消費者の住民税が僻地の自治体に流れて

東京都や名古屋市の税収減につながるなど問題が相次いで曲がり角に

来ているふるさと納税制度と同じくプレミアム商品券のほうも

いずれ頓挫するだろうと思っていたら案の定だったし、問題の

プレミアム商品券で豪華なクルーザーを共同購入する輩が出たということで

それ見たことかという思いがしました。

筆者の地元でも件のプレミアム商品券が発行されたけれど、一気に

一万円分以上買わないといけない上に、食料品がダメなら何を買えばいいのかと

言いたくなるような加盟店ばかりで、国の景気刺激策として導入されたものの

消化不良のように終わった地域振興券のことを思い出しました。

地域振興券のときは扱いに困った街の商店がこの地域振興券を額面以下で

叩き売りする事態になったけれど、総務省もプレミアム商品券でこれ以上

問題が起きないように金券ショップやネットオークションでの転売に

目を光らせるとともに、ふるさと納税制度同様にプレミアム商品券のほうも

抜本的な見直しを含めて再検討すべきと思うのです。

さて、地域創生というと各地の自治体に一億円をばら撒いた竹下登内閣当時の

ふるさと創生事業のように自民党お家芸のようなバラマキのイメージが強く、

民進党をはじめとする野党もバラマキを批判しながらも有効な対案を出せて

いない感じがするけれど、シャッター通りと言われるように寂れた商店街を

取材したライターのレポートを読んで、筆者は地域創生にほんとうに必要なのは

バラマキよりも住民の意識改革ではないかと思いました。

シャッター通りに新風をといって移住してくる若い商店主を古くからの

住民があいつはゆとり世代で考えが合わないとか好かないといって

村八分のように爪弾きにしてしまう商店街は衰退して然るべきということで、

実際にイオンのような大型のショッピングモールに押されて元気がないと

言われる名古屋市の商店街もほんとうはショッピングモールよりも

張本勲星一徹のような石頭で排他的な考えの持ち主の商店主たちが

小さくても自分の店をという純粋な夢を持った若者をあいつらは

地域の集まりに参加しないとか何とか難癖つけて排除しているから

衰退の一途を辿っているように思うのです。

各地の自治体がシャッター通り対策や移住促進に力を入れるのはいいけれど、

郷に入ったら郷に従えとばかりに古臭い旧態依然の考えを

老人が押し付けていてはいつまでもふるさとに新しい風が吹くことは

ないと思うのですがいかがでしょうね。

侍の使い方

侍ジャパンの一員に入り、中継ぎで孤軍奮闘の活躍を見せる

オリックスバファローズ平野佳寿投手。

主砲の筒香嘉智選手が、平野さんがきっちり抑えてくれたから本塁打

打てたと話すなど、チームメイトや首脳陣からの信頼も厚いけれど、

彼は本来は抑え投手、クローザーであるのはプロ野球ファンには

周知の事実であって、ある試合の解説で広澤克実氏が、この平野佳寿投手が

4回から登板したことに触れて、クローザーといえば火消しでしょう、

4回から火消しですかと述べたのは楽な試合は一つもないと

言いたくなるほどのしびれる展開の続く侍ジャパンの戦いを皮肉ったというより

本来は抑えの平野佳寿投手をなぜ4回から投げさせて本来は抑えや先発の

投手陣をクローザーに回すのかという疑問を読売ジャイアンツの後輩の

小久保裕紀監督と投手陣の総元締めといえる権藤博投手コーチに

投げかけていたのではないかと思うのです。

侍ジャパンの投手起用に関していうならば、エースの藤浪晋太郎投手の

侍ジャパンでの登板機会が限られることに憂慮を示した

阪神タイガース金本知憲監督のことばも気になるところです。

藤浪晋太郎投手がWBCの戦いを終えてチームに戻って、セリーグの公式戦で

監督の杞憂を吹き飛ばす快投を見せてくれればいいのだけれど、

パリーグの新人王を獲得した翌年にWBCに出場したものの今回の

藤浪晋太郎投手と同じく侍ジャパンでの登板機会が限られたために

調整不足で前年の快進撃が嘘のような結果に終わってしまった

オリックスバファローズ小松聖投手の前例もあるだけに、

侍ジャパンの首脳陣には勝ちにこだわる采配をするのは前提だけれど、

本来ならば所属チームのオープン戦で長いシーズンに向けて調子を上げて

いく時期のセリーグパリーグの主戦投手たちが所属チームを離れて

日本代表に合流していることや、先の金本知憲監督のように複雑な

思いでエースを侍ジャパンに送り出したプロ野球の関係者の気持ちも

汲んで欲しいところだし、WBCの運営側にも怪我がなくても登板や

出場機会がないと判断された選手を決勝ラウンドの前に所属チームに

戻せるようにルール改定を行うか、一部で言われているように

プロ野球の公式戦を中断した上でWBCを夏場に日本で開催するなどの

制度改善を期待したいところです。

さて、この侍ジャパンで本来ならば投打の主軸として活躍しているはずの

北海道日本ハムファイターズ大谷翔平投手が怪我からの驚異的な

回復を見せてオープン戦で元気そうな姿を見せていることに

パリーグの戦いへの悪影響や来るべきメジャーリーグ移籍への

影響を懸念して仮病を使ってWBCを辞退したのではないかということに

筆者は大谷翔平投手を悪者にして吊るし上げたところで何が解決するの

だろうという思いです。

20歳そこそこの大谷翔平投手に仮病を使った大芝居で日本中を敵に回す

覚悟があったとも思えないし、ポスティングシステムでの大谷翔平投手の

多額の移籍金がちらついたにしても球団側もチームの顔に見え見えの

仮病を使わせるような失態を演じるのだろうかというのも正直なところです。

せっかくWBCの白熱した戦いも半ばというのにこうした苦言のような

ことを言わねばならないのは残念なことだし、サッカーのワールドカップの

ように各国のプロ野球の公式戦を中断した上で代表戦を実施することで

シーズンの戦いを懸念した代表チームの運営を強いられることもなくなるので

東京オリンピックのために大規模改修される予定の横浜スタジアムを活用して

次回のWBC東京オリンピックの前後に我が国のプロ野球を中断した上で

日本開催としてはいかがでしょうね。

小池百合子氏ではないけれど東京オリンピックのレガシーの有効活用にも

なるし、日本のプロ野球ファンにとっては願ってもないことで

余計な心配をせずに侍ジャパンの戦いを見守ることができるでは

ないですか。

火のないところに、、、

時代錯誤のような独特の教育論や奔放すぎる言動で注目を浴びる大阪府内の

学校法人の理事長と不適切な金銭のやり取りがあったと夫婦揃って

批判の矢面に立たされている安倍晋三首相。

荒唐無稽な主張を繰り返す先の理事長の言動をそのまま鵜呑みにすることは

できないけれど、火のないところに煙が立たないというのも事実であって、

金銭授受の真偽はともかく、総理大臣就任前から右翼的な言動が多々見られた

ことや、日本人拉致問題や核開発、ミサイル問題の解決に情熱を燃やすのは

いいけれど、それが度を過ぎて北朝鮮を目の敵にしていると見られても

仕方がないと言いたくなる安倍晋三首相の政治姿勢を快く思わない

勢力からすれば彼以上に教育勅語ヘイトスピーチを賞賛するような

問題の理事長と不適切な関係があったと見られてもやむを得ない部分も

あると思うし、金銭授受の真相解明は理事長の証人喚問を待たねばならない

けれど、首相自身も今回の問題を契機に自分の言動がアジア諸国との

溝を深めていないか、アメリカの新しい大統領のように北朝鮮を敵視する

首相の言動がヘイトスピーチの引き金になっていないか自問自答して

欲しいところです。

この首相の金銭授受問題以上に不可解なのが、野球賭博問題でプロ野球界追放を

余儀なくされた読売ジャイアンツの元投手がほとぼりが冷めたとばかりに

日本球界に戻るのではという報道です。

WBCでの菅野智之投手、小林誠司捕手ら読売ジャイアンツ勢の活躍が

伝えられる中でプロ野球ファンとしては水を差された思いであるけれど、

報道の中で読売ジャイアンツ関係者の具体的な元投手の復帰に関する発言が

出ているばかりか、不祥事を美談にすり替えてしまうような

復帰のドキュメンタリー番組の話や、パリーグ

東北楽天ゴールデンイーグルスもこの元投手の獲得を模索しているという話

まで出てきて、もし報道が事実であれば野球の神様を裏切った人間を

そう簡単に復帰させていいのかという思いがするし、薬物事件の司法手続きを

終えてテレビのインタビューに姿を見せた清原和博氏の球界復帰のめどが

立たないことや、大相撲の野球賭博問題で多くの力士が引退や廃業に

追い込まれたことと整合性がつかないのではと言いたいところです。

先の首相の金銭スキャンダルでは鬼の首でも取ったかのように

首相夫妻や自民党議員を糾弾する読売ジャイアンツの親会社の

読売新聞や系列の日本テレビも自らに疑惑が向けられたらしどろもどろと

国民や視聴者から批判されないように先の元投手の復帰や

ドキュメンタリー番組の話が事実無根というなら毅然としかるべき

対応をとって欲しいと思うし、不祥事を美談にすり替えるような

ドキュメンタリー番組を作っているという疑いを掛けられた日本テレビ

戦力外通告を受けたプロ野球選手のドキュメンタリー番組が賛否を呼んでいる

TBSテレビも、今回の騒動を契機にお涙頂戴とばかりに

プロ野球を退団した選手や障がい者や難病患者を半ば色メガネで

見るようなドキュメンタリー番組や、可憐なキャスター時代とは

変わり果ててしまった小林麻央さんの追跡企画を放送することの

是非を検討して欲しいと思うのですがいかがでしょうね。

火がなければ煙も立たない訳で、そうした物議を醸すような

報道によってメディアが自分で自分の首を絞めているという

考え方もあるのですから。

便利になったのか、、、

先日のダイヤ改正で最新型のN700A使用の列車も増えて、スピードアップが

一部で話題になった東海道新幹線のこだま号。

このこだま号の速達効果を東海道新幹線の駅がないところにもといって、

JR東海静岡県内や豊橋駅名古屋駅の間の東海道本線普通列車

こだま号の接続改善のダイヤ修正も同時に行ったけれど、

新しい現行のダイヤを良く見ると、こだま号のスピードアップで東海道新幹線

時間が変わったのに連絡する東海道本線の列車の時間が変わっていないために

今まで米原駅で接続していたこだま号と東海道本線普通列車

一部接続しなくなったり接続の悪くなったケースが出ているのが筆者の

気になるところです。

代替手段の少ない静岡県内や愛知県三河地方に比べて愛知県尾張地方や

岐阜県美濃地方の利用客は近鉄特急や名神ハイウェイバス

在来線同士の米原駅での乗り継ぎなど関西方面に向かうのに

東海道本線とこだま号を米原駅で乗り継ぐ以外にも関西方面に向かう

術は幾らでもあるのだし、こだま号に乗るなら名古屋駅岐阜羽島駅でと

JR東海は思っているのかもしれないけれど、岐阜県第二の都市大垣市

県都岐阜市からは不便で停車本数も限られる岐阜羽島駅よりも

東海道本線と直接乗り継げる米原駅のほうが便利であるし、

愛知県の一宮市名古屋市から関西方面に向かう場合でも、

近鉄特急や名神ハイウェイバスよりも場合によっては安価で京都市周辺に

向かうことのできるこの米原駅でのこだま号への乗り継ぎは便利であったのに

そうした利用客や、米原駅と京都駅の一駅だけ別払いしてでも快適に速くという

青春18きっぷユーザーを無視したような今回の改正には納得できないところが

あるし、昨年のダイヤ改正米原駅直通の新快速列車の増発をアピールしていた

JR東海も、ここまで書いたような米原駅での乗り継ぎ需要を踏まえて

こだま号のダイヤ修正が難しいならば大垣駅での停車時間を調整するなどして

東海道本線普通列車の時間を調整して、米原駅でこだま号に乗り継ぐ

お客を無視していると言われないように対応をして欲しいと

思うのですがいかがでしょうね。

男の料理

昔は男子厨房に入るべからずということばが実しやかに囁かれたけれど、

今では料理男子ということばも一般名詞になって、男性でも料理が

出来ないと嫁が来てくれないとまで言われることもあります。

でも、男の料理というとよく言えばワイルドで豪快、悪く言えばガサツという

印象が拭えないのもまた事実であって、実際筆者が料理をしろと言われても

プロの料理人や主婦からは笑い飛ばされるような代物しか出来ないと

思うし、女性に比べて男性は質より量とばかりに調味料の分量や

栄養への気配りがおろそかになってしまう部分もあると思うのです。

これは男性がガサツというだけでなく、女性に比べてガッツリした食事を

好むことも一因であって、吉野家すき家のような牛丼屋を見ると男性客が

圧倒的に多いことや、おやつにしては量が多すぎだろうと言いたくなる

コンビニの男のスイーツと銘打った菓子にも現れていると思うけれど、

筆者のように自分で作って自分で食べたり、あるいは気心知れた仲間に

振る舞うならともかく、いくらイケメン俳優であってもテレビの料理コーナーを

任された以上は脂肪も栄養もどうでもいいというスタンスで番組に臨んで

いては視聴者の反感を買ってしまいかねないと思うのです。

こうしたイケメン俳優がいかにも男の食卓という感じの料理を実演する

日本テレビの情報番組にオリーブオイルをあまりにも使いすぎという

クレームが来たということで、この番組には以前にも朝から脂っこい料理ばかり

写すなとか栄養そっちのけのようで参考にならないし子どもに出せないという

指摘がなされていたし、日本テレビも料理本まで出す俳優にコーナーを

任すのもいいけれど、クレームが相次いだことを重く見てコーナーの

打ち切りや内容の見直しを検討すべきと思うのです。

これは日本テレビだけではなく本当に彼女自身が考えて作っているのかと

言われている女性タレントの料理コーナーを朝の情報番組内で放送している

フジテレビや、SNSにお世辞にも美味しそうとか食べてみたいとは

言いがたい自作の料理をアップしているタレントを抱える事務所も

週刊文春でタレントの料理にケチを付けられる前に手を打たねばと

他山の石として欲しいところです。

料理番組というと長寿番組と言えるNHK教育テレビきょうの料理

思いつく人も多く、この番組でも時折男の料理と題した企画を扱うことが

あるけれど、ここで出てくる男の料理は男性の筆者でも敬遠したくなる

どころか実際に作ってみようと思いたくなるものばかりであるし、

今回問題となった日本テレビや料理自慢を自認して料理本を出したり

SNSで自作の料理をアップしているタレントたちも、男の料理ならば

芸能人が作る料理ならば派手で奇をてらったものでなければならないという

決まりなどないのだし、むしろ先のきょうの料理で出てくるような

素朴な家庭料理の作り方を親しみやすい芸能人に教えて欲しいというのが

視聴者のほんとうのニーズであると認識して欲しいところですが

いかがでしょうね。

ワイドビュー東海

今春のJR東海ダイヤ改正で、最速ののぞみ号だけでなく静岡駅や

浜松駅に止まるひかり号やこだま号も大半が最新のN700Aに置き換えられて

のぞみ号の止まらない東海道新幹線の利用客もN700Aのスピードの

恩恵に預かれるようになったし、JR東海300系新幹線電車の頃から

あまりスピードアップがされてこなかったこだま号の速達化は

地味に凄いことと思うのです。

でも、いくら静岡県内や北陸本線との乗り換え駅の米原駅の利用客の

利便性が向上したからといっても東海道新幹線のダイヤが輻輳したまま

東京オリンピック輸送を迎えなければならないことは事実であることには

変わりがないのです。

また、新快速列車が頻発しており、近鉄特急でもアクセスできる名古屋市

大阪市の間に比べて快速列車がほとんど存在しない東海道本線

豊橋駅熱海駅との間を東海道新幹線を使わずに行こうとすると、

延々と各駅停車に揺られるか東名ハイウェイバス区間利用するほか

ないという如何ともしがたい事実も改善されないままです。

そこで提案したいのが、ムーンライトながら名古屋市周辺のホームライナー

運用から外れて余剰気味のJR東海373系電車を活用して、かつて

東海道本線の看板列車だった急行の東海号を復活させて静岡県内の

利用客を東海道新幹線から分散させてその分利用の少ない時間帯の

こだま号を削減して需要の見込めるのぞみ号やひかり号を増発することです。

この東海号は晩年は静岡駅と東京駅の間を特急として結んでいたものの

低調な利用率で廃止となりましたが、静岡駅や浜松駅と東京駅を結ぶ

東名ハイウェイバスの利用が好調なことや名古屋市から静岡市浜松市

向かう旅行客が在来線では豊橋駅から先が難儀といって無理に

東海道新幹線を使っていることを考えたら短い編成であっても

東海道新幹線よりは遅いけれど座って早く行ける東海号の需要はあると

思うのです。

在来線で構わないというお客には東海道本線を使って貰うように誘導することが

東海道新幹線の過密ダイヤに悩むJR東海にとっても結果的にプラスに

なると思うのですがいかがでしょうね。